さくらインターネット さんのレンタルサーバの owncloud-7.0.4 を 8.0.0 へアップグレード その7

この記事は公開されてから時間が経っています

の新規インストールしたサーバーとは別のサーバで、7.0.4 から 8.0.0 へアップグレードした際の顛末を忘れないように書いておこう..

今回はメジャーバージョンが上がったので、アップデーターが動かないんだそうです
手動でアップグレードしたので忘れないように書いておこう..

手順が正しいか疑問ですが、なんとか動いていますので良しとしよう !
(アップデータを使った、マイナーバージョンのバージョンアップの顛末はこちら!)

0.自動アップグレード

さくらさんのレンサバ以外で運営している ownCloud は、基本的に ubuntu のサーバーで稼働していますので aptitude でアップグレードすればメンテナンスされました
結構、時間が掛かりますが問題なく動いています

ただし、こちらのバージョンは ownCloud 8.0.1 (stable) になっています

自営のサーバーでは自動でアップグレード出来る様です
ただし、config.php や themes とアイコンなどはアップデートされませんので自分でメンテナンスします

さくらさんのレンサバではマニュアルアップデートしなければなりません
少しの工数で実施出来ましたが、注意点がいくつか有るようなので、備忘録を残しておきます

1.バックアップ

すでに運営してしまっていますのでデータががあります
このデータは、キャッシュやトラッシュなども含まれていますので、結構なファイルサイズがあります

バックアップの手順は ownCloud のサイトにあるバックアップ手順に沿っていけば良いと思いますが、ここも少し環境に合わせる必要があると思います

メンテナンスモードへの移行

config.php を修正してメンテナンスモードにします

  'maintenance' => false,

ture へ変更します

設定ファイルのバックアップ

config.php と core/img の変更した画像、themes のファイルを WinSCP などでローカルにダウンロードします

データーベースのバックアップ

MySQL を使っていますので、さくらさんのコントロールパネルからデータベースサーバーの phpMyAdmin を利用してバックアップすれば良いと思います

mysqldump --lock-tables -h [server] -u [username] -p[password] [db_name] > owncloud-sqlbkp_`date +"%Y%m%d"`.bak

サイトのバックアップの例はこうなっていますが、経験上、パラメーターを設定した方が良いと思います
基本的に、テーブルのエクスポートで良いと思います
構造 を全て選択して、blob の設定などを行うと良いんじゃないかな?と思います

データファイルのバックアップ

データーディレクトリーのファイルをバックアップします
すでに 5GB 程度の容量がありますので結構時間が掛かりますが、WinSCP でダウンロードしました
レンサバ内へ 圧縮してバックアップしても、あまり有用では無いと思います
(基本的にそのまま使ってしまいますので、二重化するだけでサーバーに負荷が掛かるだけだと思いますが…)

.

2.ダウンロード

現在、インストールしてある旧版のディレクトリーを owncloud.old 等へリネームします

そして、新たに owncloud ディレクトリーを作成します

サイトの説明では最新のアーカイバを解凍しよう!となっています
wget などでダウンロードしても良いと思いますが、新規アップデートと同じですので setup-owncloud.php を利用してしまいました

新版の owncloud ディレクトリーに setup-owncloud.php をコピーし、格納ディレクトリーを . と指定し、ダウンロードと展開だけ実行します

 

3.設定ファイルのコピー

config.php を 旧版のディレクトリーから新版のディレクトリーにコピーします
config.sample.php と見比べて、重要な変更点などは無いようですので、そのままコピーしました

次に、themes のテーマもコピーします
テンプレートの元ファイルが変更されているかもしれませんので、新版のテンプレートファイルから起こし直した方が良いかもしれません
css はそのまま使えるようです

最後に、修正したアイコンをコピーします

4.occ の実行

occ というアップデートスクリプトを実行すると、config.php のメンテナンスやデータベースの更新などを実行してくれるそうです

owncloudUpgrade.occ

php occ upgrade と実行します

数分で実行が完了します
.
 

5.php.ini と .htaccess の修正

.htaccess が少し変更されているようです

ですが、Options をコメントアウトしないとエラーしますので修正します
# Options -Indexes
とします

それと php.ini も、旧版のディレクトリーからコピーします

6.アプリケーションの設定

新規インストールですので、アプリがありません

再度追加します

といっても、今まで使っていませんでしたので、一緒にバージョンアップ出来たか解りません

(bookmark は移行出来た…)

バージョンが ownCloud 8.0 (stable) となりました

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です