irohaboard-0.9.10 を試してみる

LMS と言うのが必要になったエンドユーザーさんがいらっしゃるそうで、iroha Board と言う OSS があるので評価してみたい!
というお話しがありましたので、早速 インストールしてみました

 

エンドユーザーさん曰く、カンタンで良いので、e-ラーニング のシステムを導入しかねればイケなくなったそうです

そこで、iroha Board と言う物を評価したい!と言う事になりました
ベースで、さくらインターネットのレンタルサーバーでも動作確認が取れているそうです

いきなり、レンサバで動作確認などをする訳にも行きませんので、手元の Ubuntu でインストールしてみました
 

基本的に、開発元のインストールの説明で問題ないようですが、
を使用する場合は、 ALLOW_INVALID_DATES を設定しないと、インストールがエラーして止まります

データベースへの接続に失敗しました。

と表示されます
最初、コレが解らずに、半日潰してしまいました ^^;

適当な MySQL の設定ファイルの [mysqld] に 
sql_mode=ALLOW_INVALID_DATES
を追加します

mysql コマンドで設定を確認します

mysql> select @@sql_mode;
+---------------------+
| @@sql_mode          |
+---------------------+
| ALLOW_INVALID_DATES |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql>

 

このあと、
http://172.16.XXX.XXX/iroha/install

/iroha/ は、インストールしたディレクトリのエイリアスで、
install と入力すると、あっという間にインストールが完了します

パスワードなどが表示されますので、早速ログインして、ルートのパスワードを変更します!

 

さくらインターネットのレンタルサーバーへ設置してみた


sql_mode に ALLOW_INVALID_DATES を設定する方法が解らなかったので、
ローカルのサーバで用意したデーターベースの中身をエクスポートして、そのまま、レンサバの MySQL でインポートしました

これで動いている様です

インストール時のトラブルシューティングのページに、さくらさんのレンサバの注意点として、RewriteBase を .htaccess へ設定するのがよいという事なので、インストールディレクトリの .haccess と、 webroot (配布元のサイトには wwwroot と書いてあるが..) の .htaccess に RewriteBase の設定を追加してみました

それと、cake ディレクトリの設定と、データベースの設定を適宜行う事で、データをそのまま引き継いで稼働出来ました
 

その他

  1. 利用者の ID に メールアドレスを指定できないので、ちょっとめんどくさい
    メアドの設定があっても、利用する方法が無いようです

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です