Windows の「ネットワークの場所を追加する」で ownCloud の WebDAV を追加する その4

この記事は公開されてから時間が経っています

引き続き、 の利用方法のうち、ちょっとは便利になるのではないか?と言う小技を一つ忘れないように書いておこう

普通に、「コンピューター」-「ネットワークの場所を追加する」では、ownCloud の を追加することができませんでした

調べていたら、コマンドラインでオプションを追加すれば共有出来るらしいので忘れ無いように書いてこう!

追記:2015-03-03この作戦は上手くいかないようです
資格情報を覚えてくれないし、ファイルサイズがおかしいかな…

バッチを作って、毎回接続する方法も考えたんだけど、あんまり….
クライアントソフトをインストールしてしまった方が便利だし…

1.コマンドの入力

net use Y: https://XXXX.sakura.ne.jp/XXXX/remote.php/webdav/ /user:yourusername yourpassword /PERSISTENT:YES

net コマンドをこんな感じで指定するらしいです
Y: は、マウントするドライブ名で、Z: をすでに使っているので Y: ドライブを指定しています(ダブらなければ何でも良いと思います)

snap1 (駄目そうな所は塗りつぶし)

ヘルプで確認したところ、オプションの意味はこんな感じです
"/PERSISTENT      固定ネットワーク接続の使用を制御します。既定値は、前回使用した設定です。"
"/SAVECRED        ユーザー名およびパスワードを保存するように指定します。
                 このスイッチは、ユーザー名とパスワードの入力を求める
                 プロンプトが表示されない場合は無視されます。"

2.確認・完了

さほど難しくないので、スナップショットで..

snap2

コマンドラインで DIR コマンド

snap3

エクスプローラーで確認

不要になったら、マウスの右ボタンで「切断」を選択

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です