OTRS 3.3.8 の Core::PDF で日本語フォントの設定

この記事は公開されてから時間が経っています

先の OTRS 3.3.8 の設定の続き…

PDF を表示できるモジュールを追加したが、日本語のフォントで表示できる様にするために必要な、いくつかの手順の備忘録

日本語フォントのインストール

最初に、日本語の TTF をインストールします

Takao フォントを入れるのが良いと思いますが、お好きなもので良いと思います

は TTF の指定をする様にいっていますので TrueType のコレクションでは無いフォントを指定するのが良いと思います

プロポーショナル、プロポーショナルボールドがデフォルトで必要な様です

その他、イタリック、イタリックボールド、モノスペース、等も指定出来るようですが、そこまで種類が無くても良いようです

今回は、Takao のゴシックにしてみました

普通に、aptitude でインストールします

日本語ファイルのコピー

OTRS のディレクトリーにフォントをコピーする必要が有るようです

シンボリック・リンクでも良いのだと思いますが、容量的に問題ありませんのでコピーしてしまいました

コピー先は /opt/otrs/var/fonts です

root@ubuntuOTRS:/opt/otrs/var/fonts# cp /usr/share/fonts/truetype/takao-gothic/Takao* .
root@ubuntuOTRS:/opt/otrs/var/fonts# chown otrs:www-data Takao*

コピーしてオーナを変更します
多分、シンボリックシンクが、メンテナンスなどがあった場合に良いんだと思います
が、今回はこれでごまかしておきます

 

OTRS の設定

「設定」で Framework -> Core::PDF を選択します
で、フォントを Takao へ変更します

snap08

最後に、更新ボタンを選択します

snap09

折角、日本語対応してくださっているので日本語で表示出来た方が良いですよね ^^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です