Logitech Wireless Illuminated Keyboard K800

この記事は公開されてから時間が経っています

前回、楽天のアメリカ・ダイレクト という所から のキーボードを購入したのに続き、
今回は、Logitech Wireless Illuminated Keyboard K800 と言うのを購入してみた

と言うのも、やはり自照式のキーボードの方が便利だからで K280e も悪くないんだけど、買い換えた
 

K800+K280e

一応、比較写真
国内版と比べると、ファンクションキーが太いかな?
日本語版は家で使っているので、ちょっと並べて比べられないけど、まぁ概ね K280e と同じ配置とサイズ
あと、CAPS キーが違うかな?と思って、Logicool のページを見てきたら、同じな感じがする ^^..
 

今回は、前回の轍を守って、週の頭に発注した
アメリカのカレンダーも Google カレンダーで確認した

結論から言うと、06-16 に発注して、06-26 に到着した
良い線行っていると思う

特に問題は無かったんだけど、FedEx のトラッキングは良出来!
表示時間も、判りにくいけど指定することができる様になっているし、刻々と移動しているのが確認出来て素敵!

だけど、その後のトラッキングはエラーページの表示しかされませんよ!どう言う事なのかな….

「アメリカ中央倉庫からの商品出荷のお知らせ」というメールが来て、トラッキングのサイトが accessst というサイトに換わったんですが、エラーの表示以外されません…

そのサイトに直接見に行けばトラッキング出来るのか?とおもい、いってみたがそれらしいページは見当たらないし…
で、週末か次週の到着かな?と思っていたら、予想より早く来て一安心…

まぁ、今回も免税で購入出来る金額だったけど、もう少しキチンとした情報を拾えるサイトと契約して欲しいなぁ…
楽天さんかな?….
 

で、使用感は日本語版と特に違いは無い様な気がする
日本語版でも、カナ表記などは下段と漢字キー以外特になくてすっきりしているのも素敵!
それに、打鍵感もあるし、音も静で、高剛性な感じも同じかな?
変なサイズの漢字キーや、僕には有ると不便な無変換キーとか無いだけでも有り難い..
(でも、やっぱり FN キーの無意味な存在感がいかんとも…)

以前買った日本語版は 2011-04 に おおよそ七千円で購入したんですが、今回は送料込みでおおよそ一万円でした
FILCO の Ninja って言うのが欲しかったんですが、光らないし、売っていないんです…
ずーっと欠品状態..

ゲーミングキーボードというのも考えたのですが、職場でガチャガチャいうゲーム用っていうのも無いだろうと思って…
K800 を選択して見た ^^b

ドライバーですが、K280e 用のままで使えますが、挿して更新の確認を行ったところ、
SetPoint が 6.65.62 へバージョンアップされました

まだリセットしていないからだと思いますが、SetPoint には K800 は表示されていません
リセットしたら再確認してみますよ~..

もう一つオマケに書いておくと、
二次電池はユアサのバッテリーで、以前買った国内版も同じバッテリー
国内版の方は、最近、少し調子がおかしくなってきたので、eneloop にでも交換しようと思っています..
(満充電なのに、battery low と表示されますが、充電を開始するとすぐ完了します
メモリー効果って言う奴かな?サンヨーのリフレッシュ出来る充電器を持っているので、出番かな?とも思っている ^^b )

追記: 2014-06-30

SetPoint ですが、最新の SetPoint をダウンロードしてから、インストールしないとキーボードを認識してくれませんでした

前回の K280e 用のままアップデートをかけたんですが、SetPoint はキーボードを認識してくれませんでした

で、もしやと思い、日本の Logicool から、最新の SetPoint をダウンロードしてきてインストールしてみると認識していました

が、これも前回踏んだ轍ですが、SetPoint で K800 が認識されたんですが、キー配列が日本語になってしまいました ^^;
(いつのも習性で、日本のサイトに行ってしまったうえ、インストールするまで気がつかなかった …)

ですが、英語版の SetPoint をダウンロードしてきて、新規インストールしたら、キチンと認識してくれました
コントロールパネルから、キチンと昔の SetPoint をアンインストールしてから、新規インストールした方が良いようです..

それと、確認して来たんですが、日本語版と英語版では、「全角」と「~」 キーと、「Back」キー、バックスラッシュキーの大きさが異なるようです
日本語版は不自然に小さいです
別記しましたが、結構頻繁に利用するキーで押し間違えやミスなどが起きやすいので、標準的な大きさが良いですよねぇ…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です